トップページ

2019年度事業計画

事務局

〒700-0977
岡山市北区問屋町6-101
西部技術コンサルタント(株) 本社
TEL.086-246-5666
FAX.086-246-5670
お問い合せ


ようこそ公益社団法人日本技術士会中国本部「岡山県支部」のホームページへ!
会員コーナーへのアクセスには、中国本部発行のIDとパスワードをご利用下さい。

2019年度公益社団法人日本技術士会中国本部岡山県支部 年間行事スケジュール

1.岡山県支部年次大会・講演会・交流会

事業名 開催日 内  容 場所 CPD
年次大会 2019/7/20(土) 事業報告、事業計画、記念講演「高齢社会と科学技術」、交流会、他 岡山プラザホテル 1.5

2.役員会の開催予定

第1回役員会2019/5/12(土)行事スケジュール、計画および予算岡山県立図書館 
第2回役員会2019/6/9(土)協議(年次大会等準備)岡山県立図書館 
第3回役員会2019/10/13(土)本部役員会報告、2020年度事業計画案予備策定ゆうあいセンター 
第4回役員会2019/11/24(土)2020年度事業計画及び収支計画等ゆうあいセンター 
第5回役員会2020/3/10(土)2020年度スケジュール、2019年度事業報告・2020計画案策定ゆうあいセンター 

3.例会の開催予定

第1回例会
4月例会
2019/4/6(土) 技術士二次試験合格者祝賀会、講演会
「国土交通行政の現状と課題」
岡山プラザホテル 1.0
第2回例会
5月例会
2019/5/11(土) 「維持管理」について話し合う交流会
(建築士会との共催)
岡山県立図書館 3.0
第3回例会
6月例会
2019/6/8(土) 講演2題、「分かりやすさと訴求力〜減災のためのデザインを通して〜」、「木材の基本的性質のと利用〜岡山県の事例等を話題にして〜」 岡山県立図書館 1.5
年次大会
第4回例会
7月例会
2019/7/20(土) 事業報告、事業計画、記念講演「高齢社会と科学技術」、交流会、他 岡山プラザホテル 1.5
5県技術士会
第5回例会
9月例会
2019/9/14(土) 島根、鳥取、岡山、香川、高知、
合同事業、「防災における技術士の役割」
高知県高知市 3.0
10月例会1
第6回例会
2019/10/5(土)
 〜10/6(日)
第46回技術士全国大会(四国、徳島)
記念講演「スポーツと地域活性化」
講師:二宮清純氏(スポーツジャーナリスト)
あわぎんホール 2.0
10月例会2
第7回例会
2019/10/12(土) コンクリート構造物の長寿命化に関する、講演3題 岡山県立図書館 2.0
11月例会
現地見学会
第8回例会
2019/11/15(金) 現地見学会(一級河川高梁川水系小田川緊急対策及び小田川合流点付替工事現場) 国土交通省
岡山河川事務所
2.0
12月例会
第9回例会
2019/12/7(土) 技術発表会、交流会 津山工業高等
専門学校
4.0
2月例会
第10回例会
2020/2/1(土) 修習セミナー、一次試験合格者祝賀会、
交流会
奉還町りぶら  

4.津山工業高等専門学校講演会の開催予定

講演会 2019/11〜12月 本科生(3年生)へのキャリア教育支援 津山高専  
講演会 2019/10月 女性技術士による女子会講演会  津山高専  
講演会 2019/11月 専攻科生向け先端技術特別講座 津山高専  

(中国本部および他県技術士会との合同行事)

事業名開催日 内  容 場所 CPD
現地見学会(中国本部建設部会との共催)
現地見学会 2019/11/15(金) 現地見学会(一級河川高梁川水系小田川緊急対策及び小田川合流点付替工事現場) 国土交通省
岡山河川事務所
2.0
2019年度 太平洋・瀬戸内海・日本海縦断技術士会の参加
5県技術士会 2019/9/14(土) 島根、鳥取、岡山、香川、高知、
合同事業、「防災における技術士の役割」
高知県高知市 3.0

5.各委員会における事業

(1) 企画総務委員会
  @役員会に諮る議案の検討(組織体制、収支予算、諸規則等)や委員会間の調整を行 う。
A本会 CPD制度の普及・推進により、社会的認知度の向上を図る。
B委員会活動の活性化、中国本部・学協会との連携、5県(島根、鳥取、岡山、香川、高知)会員との交流・協
 働・促進等により、会員拡大(組織率向上)を図る。
C財政基盤を強化し、対外的諸活動に関する施策の検討・調整を図る。
(2) 事業委員会
  @事業計画、事業報告を作成する。
A年次大会、例会を開催する。
BCPD行事を支援し、社会的認知度の向上、会員拡大(組織率向上)を図る。
(3) 広報委員会
  @社会的 認知度の向上、会員拡大のための広報活動を企画し実施する。
A会報を1回程度発刊する。
Bホームペジにより情報提供を行う。
(4) 修習技術者支援委員会
  @修習技術者に対するセミナーを年2回程度開催し、修習活動の支援を行う。
A修習技術者支援実行委員会(中国本部)と連携し、Web会議を活用して中国本部の委員会・セミナ−等に
 積極的参加する。
B要請に応じて、JABEE課程の教員・学生へ「技術士制度説明会」を実施する
(5) 防災委員会
  @防災講演会を年1回開催する。講演会開催には他の学協会との救済事業も検討する。
A中国本部の防災委員会に参加する。
B他の学協会及び団体との連携による防災教育への活動。
C災害支援ネット岡山専門家チームへ参加し、関連活動を行う。

6.その他検討事項並びに事業

中国本部各部会と連携し、岡山会場での講演会WEB中継を積極的に実施する。
その他、必要とする事業は、早期に具体的計画を立案し実践することに努める。