トップページ

H29年度事業計画

事務局

〒700-0033
岡山市北区島田本町2-5-35
株式会社ウエスコ 岡山支社
TEL.086-254-2422
FAX.086-254-2490
お問い合せ
okayama@ipej-chugoku.jp

ようこそ公益社団法人日本技術士会中国本部「岡山県支部」のホームページへ!
会員コーナーへのアクセスには、中国本部発行のIDとパスワードをご利用下さい。

平成29年度公益社団法人日本技術士会中国本部岡山県支部 年間行事スケジュール

1.岡山県支部年次大会・講演会・交流会

事業名開催日内  容場所CPD
年次大会 H29/7/29(土) 事業報告、事業計画、記念講演「倉敷の特色ある近代のまちづくり」、他 岡山県国際交流センター 1.5

2.役員会の開催予定

第1回役員会H29/5/13(土)行事スケジュール、計画および予算奉還町りぶら 
第2回役員会H29/6/10(土)協議(年次大会等準備)岡山県立図書館 
第3回役員会H29/10/28(土)本部役員会報告、H30年度事業計画案予備策定(未定) 
第4回役員会H29/11/25(土)H30年度事業計画及び収支計画等(未定) 
第5回役員会H30/3/10(土)H30年度スケジュール、H29年度事業報告・H30計画案策定(未定) 

3.例会の開催予定

第1回4月例会 H29/4/8(土) 技術士二次試験合格者祝賀会、講演会 ピュアリティーまきび 1.0
第2回5月例会 H28/5/13(土) 維持管理・技術者倫理に関する講演会 岡山県ゆうあいセンター研修室 3.0
第3回6月例会 H29/6/10(土) インフラ構造物の維持管理に関する講演(中国本部建設部会共催) 岡山県立図書館
デジタルシアター
1.5
第4回7月例会
年次大会
H29/7/29(土) 事業報告、事業計画、記念講演「倉敷の特色ある近代のまちづくり」、他 岡山県国際交流センター 1.5
第5回9月例会(1)
5県技術士会
H29/9/9(土) 島根、鳥取、岡山、香川、高知、
合同事業
香川県
高松サンポートホール
3.0
第6回
9月例会(2)
H29/9/30(土) 現地見学会:堂々川砂留群&御領古墳群(中国本部建設部会・応用理学部会共催) 広島県福山市神辺地域 2.0
第7回10月例会
現地見学会
H29/10/20(金)
  〜
H29/10/22(日)
第44回技術士全国大会(山口)
「維新百五十年〜新しい時代を創る技術士の役割〜」
山口県健康づくりセンター 3.5
第8回11月例会 H29/11/18(土) 現地見学会(百間川河口水門) 国土交通省
岡山河川事務所
2.0
第9回12月例会 H29/12/9(土) 西川緑道公園の活性化に向けてのワークショップ 西川アゴラ 4.0
第10回2月例会 H30/2/4(土) 修習セミナー、一次試験合格者祝賀会 (未定)  

4.津山工業高等専門学校講演会の開催予定

講演会H30/1月中旬〜 津山高専0.0
講演会H30/1月下旬 津山高専 

5.中国本部および他県技術士会との合同行事

事業名開催日 内  容 場所 CPD
(4月例会)平成28年度技術士二次試験合格者祝賀会・記念講演会
技術士二次試験合格者祝賀会H29/4/8(土) 祝賀会・記念講演会 ピュアリティまきび 1.0
平成29年度 太平洋・瀬戸内海・日本海縦断技術士会の参加
9月例会(1)
5県技術士会
H29/9/9(土) 島根、鳥取、岡山、香川、高知、合同事業 香川高松サンポートホール  

6.各委員会における事業

(1) 企画総務委員会
  @役員会に諮る議案の検討(組織体制、収支予算、諸規則等)や委員会間の調整を行 う。
A本会 CPD制度の普及・推進により、社会的認知度の向上を図る。
B委員会活動の性化、中国本部・学協会との連携、5県(島根、鳥取、岡山、香川、高知)会員との交流・協働
 促進等により、会員拡大(組織率向上)を図る。
C財政基盤を強化し、対外的諸活動に関する施策の検討・調整を図る。
(2) 事業委員会
  @事業計画、事業報告を作成する。
A年次大会、例会を開催する。
BCPD行事を支援し、社会的認知度の向上、会員拡大(組織率向上)を図る。
(3) 広報委員会
  @社会的 認知度の向上、会員拡大のための広報活動を企画し実施する。
A会報を1回程度発刊する。
Bホームペジにより情報提供を行う。
(4) 修習技術者支援委員会
  @修習技術者に対するセミナーを年2回程度開催し、修習活動の支援を行う。
A修習技術者支援実行委員会(中国本部)と連携し、Web会議を活用して中国本部の委員会・セミナ−等に
 積極的参加する。
B要請に応じて、JABEE課程の教員・学生へ「技術士制度説明会」を実施する

7.その他検討事項並びに事業

その他、必要とする事業は、早期に具体的計画を立案し実践することに努める。